童話「影ぼうし」

「影ぼうし」

池のそばでカメさんが、くうくうお昼寝をしています。
背中にぽかぽかとお日さまがあたって、とっても気持ちがよさそうです。
カメさんのそばには、地面にぴたっと黒くはりついた影ぼうしがいます。

そこに猫さんがやってきて、カメさんにむかって言いました。 
「カメさん、こんにちは。今日もまたひなたぼっこかい?」
目をさましたカメさんが、あくびをしながらこたえます。
「甲羅を乾かさなくてはいけないからね」
「そうなんだ。いっしょに遊ぼうとおもったんだけど。 しかたないね。じゃあ、またね。」
「またこんどね」
「うん。またこんど」

そう言うと猫さんは、原っぱの方に走っていきました。
猫さんの影ぼうしも、ぴょんぴょん黒くついていきます。
ずっと黙って見ていたカメさんの影ぼうしは、猫さんの影ぼうしが羨ましくてしかたがありません。

「僕も 走り回りたいなあ。 あっちこっちに行きたいなあ。」

だけどカメさんは、まいにち、のんびりごろごろしているだけです。
時々、池の水の中で、お魚と遊ぶくらいです。
毎日、たいくつでしかたがない影ぼうしでした。

ある時のことです。
大きな風が、ぴゅーっと吹きました。
するとカメさんは、ごろんと横に転がってしまいました。
影ぼうしは体が軽いものですから、しがみついていたカメさんから吹きとばされてしまいました。

飛んで行ったところにいたのは、さっきの猫さんです。
影ぼうしのなんて意地の悪いことでしょう!
「あっちに行けよ!」 と言って、猫さんの影ぼうしにどんとぶつかったかって追い出してしまいました。
そして、こんどはちゃっかり自分が、猫さんの影ぼうしになってしまったのです。
追い出された猫さんの元の影ぼうしは、しくしく泣いています。

猫さんが原っぱの方に走っていくと、
影ぼうしも、泣いている影ぼうしにはおかまいなしについていきます

猫さんが木に登ると、影ぼうしも木にのぼります。
「ああ、面白いなあ。」
影ぼうしは、猫さんの影ぼうしになってから、いろんなとこに行けて 面白くてたまりません。
カメさんの影ぼうしだった頃は、せいぜい池の水の中でお魚と遊ぶか、同じ場所で日なたぼっこするくらいでしたから。

ある時のことです。
猫さんがよそのお家のお庭で、お昼寝をしていました。
猫さんの影ぼうしも、ぐっすり寝てしまいました。

目が覚めてあたりをきょろきょろ見渡すと、もう猫さんはいません。
「へぇー!!しまった〜!大変だ〜!」
影ぼうしは大慌てです。
寝ているうちに、猫さんにお庭に置いてけぼりにされてしまったからです。

そこに、その家の奥さんが、庭師とやって来て言いました。
「ここに石を置いてちょうだい」
すると庭師は、奥さんが指差した場所に大きな石をどかっと置きました。

「うっ!! 重い!!!」
影ぼうしは、思わず大きな声をあげてしまいました。
大きな石にどっしりと押さえられてしまったのです。
石はとっても重く、何日もその場からずっと動きません。
影ぼうしもその場からずっと動けません。

しびれをきらした影ぼうしは、なかなか動こうとしない石に聞いてみました。

「石さんは、いつ動くんだい?」
石はにやっとして言いました。
「私は山にいた時は70年ものあいだ、ずっと同じ場所にいたもんさ。
ここではそうさなあ。20年はここから動かないつもりだよ。」
石は動かないことを自慢しているようでした。

それを聞いた影ぼうしは、とても後悔しました。
風に吹かれてカメさんから猫さんのところに飛ばされた時。
猫さんの影ぼうしに、あんな意地悪して追い出さなければよかった、
カメさんのところに戻ればよかったと思いました。
 
こうして影ぼうしは、何年間もずっと、お庭の大きな石に押さえられたままです。
地面にぴたっと黒くはりついて、今日もためいきをついています。
(白鳥鈴奈作)

白鳥鈴奈のアトリエ https://art-reina.com/
タグ:白鳥鈴奈
posted by 白鳥鈴奈 | 童話

童話「ルーの変てこな日」

「ルーの変てこな日」

 ある村にルーという名前の犬が住んでいました。ちょっぴりおく病だけど心の優しい犬でした。
ひとりで散歩をしていた時のことです。地面でバッタが昼寝をしていました。ルーの足音に気がつくと、バッタは急いで地面からピョンと大きく飛びはねました。驚いたのはルーの方です。いきなり目の前をさっと何かが横切ったのですから。ルーはヒェーっと声をあげて、斜めに大きく飛び上がりました。
たまたま、近くの畑にいた村の男が、そのルーの驚く姿を見ていました。ゲラゲラと笑い転げて言いました。
「犬のくせに臆病なやつだなあ。これは笑えるぞ。みんなにも話してやろう」
その話は村中に伝わりました。それからというもの、村のみんなが自分のことを臆病な犬と言って笑っているに違いないとルーは思うようになりました。胸のあたりが冷たく、ずしっと重くなっていきました。

ある日の朝のことです。ルーはお母さんに隣の村までおつかいを頼まれました。道を歩いていると、向こうの方に背中をむけているネコが見えました。なにやら体を上下に揺らしています。
「こんな朝早くから音楽でも聞いて踊っているのかな?のんきなネコだなぁ」
 ルーは体を低く地面に近づけて、そーっとネコに近づいていきました。ネコは自分に全く気づいていないようすです。
とうとう、ネコのすぐそばまでやってきました。ネコは体を時々、ピクンピクンと上下に動かしています。
「こんなそばにいるのに気がつかないなんて。ほんと間抜けなネコだな。」
ルーはにやりとしました。
ネコの耳元でスーと大きく息をすいこみました。そして、大きな声で叫びました。
ワン!ワワワン! ワン!ワワワン!
100メートル先の家の中の人でも聞こえる位の大きな声です。
さすがのネコも突然、耳元で大きな声がしたので、ウワーと両手をあげて驚きました。そして体をのけぞらすと、背中から地面にバタンと倒れてしまいました。目を大きく見開いてルーを見上げています。ルーはネコの顔をのぞきこみ、ニターと白い歯を見せて笑いました。ネコは立ち上がると目を細めて嬉しそうに笑っています。
「助かったよ。昨日からしゃっくりが止まらなくってさ。おかげで、やっとしゃっくりが止まったよ。ありがとう。」
そう言われてルーは困った顔をしました。
本当はこう言ってやるつもりだったのです。
「驚きすぎだよ。君は臆病なネコだね。」って。でもネコにそんな風にお礼を言われたものですから、ルーは仕方なく言いました。
「ああ、そうかい。それはよかったね。」
ルーは変な気持ちのままネコと別れました。振り返るとネコはまだニコニコして自分を見送っていました。

お日様は空の一番高い所からルーを見下ろしています。畑の方に行くとクワもったごんべいじいさんが見えました。麦わら帽子をかぶって、タオルで汗を拭いていました。
そうだ!ルーはにやっとしました。ルーは昔、畑の中を走り回って、ごんべいじいさんを怒らせたことがあります。また畑を走って怒らせてやろう!
ごんべいじいさんの顔をちらちら見ながらルーは畑の中を走りまわりました。おじいさんはそんなルーを静かに見ています。
耕したばかりの、ふかふかとした土の上に、ルーの小さな丸い足跡がポツポツとついていきます。
ルーは畑の端から端まで自分の足跡をいっぱいつけてやりました。ベタベタベタ・・・
ルーはごんべいじいさんの顔を見ました。すると、ごんべいじいさんは怒っているどころか、にこにこと笑っています。
あれ?ルーはきょとんとしてしまいました。
ごんべいじいさんは言いました。
「ルー。ありがとう。トウモロコシの種をまく穴をあけてくれて。トウモロコシができたら、一つやるから食べにおいで」
くれなくたって、勝手に来て、たくさん食べてやらあ。と内心思いましたが、
「うん。こんど一つもらいにくるよ」と言いました。
ルーは今まで味わったことのない気持ちになりました。胸のあたりがなんだかポカポカしています。
 
ルーはお母さんからたのまれたおつかいをすませました。お日さまが遠く向こうの方に歩いていく後ろ姿が見えました。お日さまも疲れて自分の家に帰られるようでした。ルーも家に帰ることにしました。細長い黒い影もルーの後をトボトボとついていきます。
だんだんと薄暗くなってきました。むこうの山の方から黒い影がルーに近づいてきます。ぐんぐん大きくなってきます。ようやくはっきりと顔が見えました。走ってくる知らない男の人でした。手に何かを持っています。ルーの目がキラリと光りました。
「今度こそ・・・」
ルーは男の人の方に勢いよく走っていきました。すれちがいざまに、男の人が手に持っていた物を口でパクッと奪いとりました。すると男の人はつんのめってバランスをくずして、その場に倒れてしまいました。
「やった〜」
ルーは今度こそ、やっと、いたずらが成功したと思いました。調子にのって、その男の人の体の上にぴょんと乗っかりました。勝利の印です。
 「えらいぞ!ルー!泥棒を捕まえるなんて!」
後から走ってきた村のおまわりさんの声でした。おまわりさんの後から女の人も一緒に走ってきました。以前、ルーがバッタに驚いて飛び上がったのを見て「臆病な犬だ」と笑った男の人の奥さんでした。
「財布を取り返してくれてありがとう。ルーは勇気があるのね。」
そう言うと、ルーの頭を優しくなでてくれました。
今日は全く変てこな日です。いたずらをしてお礼を言われてばかりでした。なにもかもあべこべでした。前に臆病だと言われた自分も、勇気があるとまで言ってもらえました。ルーの胸のあたりがまたポカポカといつまでも暖かくなっていました。(おわり) 白鳥鈴奈作


ru-.jpg

・・・・・・・・・・
このお話は愛犬ルーがモデルです。写真もルーです。実際に臆病です。
散歩中に道に寝ていた蝉が目の前を急に横切って飛んで、驚いたルーが横に高く飛び上がったのを見て、
たまたま一緒にいた友達が情けないと笑ったエピソードをもとにしました。
今13歳。まだ元気いっぱいです。これを書いている今も私の足元にいます。
posted by 白鳥鈴奈 | 童話

童話「こがね虫のぺえ助」  

「コガネムシのぺえ助」   

夏のとても暑い日でありました。
お日さまさえも汗をいっぱいかいています。
山の中に一本の道がありました。
たくさんの木がしげっています。
葉っぱのすれる音がさわさわと移動しています。
風の子たちが葉っぱの上を元気よく走っていきます。
葉っぱの上をトランポリンのようにジャンプしている子もいます。
鬼ごっこをして遊んでいるのです。
こがねむしの子供も一緒です。
名前をぺえ助といいます。金色の服を着た男の子です。

風の子たちはなんて走るのが速いのでしょう。
あっというまにこがね虫の子供の後ろにやってきました。
「ぺえ助、つかまえた!」
風の子は後ろからそーっとしのびより、ぺえ助の背中をパンと勢いよくたたいて逃げていきました。
ぺえ助が振り向いた時にはもうとっくに遠くにいます。
「ここまでおいで。」と手をたたいて笑っています。
ぺえ助はもう何度も鬼ばかりしています。
「ごめーん。疲れちゃった。休憩するから、鬼変わって!」
そう言うと、ぺえ助は一番大きな葉っぱの上にごろんと寝転がりました。
風の子たちはまだ追いかけっこをして遊んでいます。
ぺえ助が寝ている葉っぱの上を足でどんと踏んでわざと大きく揺らしていったりもします。

うつらうつらしていると、突然、下の方から学校帰りの人間の子供の声が聞こえてきました。
男の子と女の子がかわりばんこに歌っているようです。

 こがね虫は かねもちだ
 かねぐら立てた くら立てた
 あめ屋で水あめ
 買ってきた

 こがね虫は かねもちだ
 金ぐら立てた くら立てた
 子どもに水あめ
 なめさせた

歌を聞いたこがね虫のこどもはびっくりしました。
誰のことを言ってるんだろう?と思いました。
かねぐら立てた くら立てたこがね虫って。
自分もこどもだから、そのこがね虫に水飴をいっぱいなめさせてもらえないかなあと思いました。
ぺえ助は歌っていた子供に聞いてみることにしました。
子供たちの方に飛んでいきました。

「ねえ、さっきの歌だけど。かねもちのこがね虫ってどこにいるの?」
ぺえ助は男の子と女の子に聞きました。
「何言ってるんだよ!目の前にいるじゃないか!」
黒いランドセルを背おい、帽子をかぶった男の子が言いました。
「えっ?おいらのこと?おいらはかねもちじゃないよ。」
「金ぴかの服、着てるじゃないの!金もちなんでしょう!」
赤いランドセルを背負い、三つ編みをした女の子が言いました。
「早く買ってきておくれよ。こがねむしは水あめをなめさせてくれるんだよ!」
「あなたはこがね虫でしょう?」
水飴を自分も舐めたかっただけなのに、変てこな話になりました。
ぺえ助が黙っていると
「なーんだ、お前さんはこがねむしじゃなかったのか」
「なーんだ、あなたはこがねむしじゃなかったのね」
そう言うと、男の子と女の子はぷいと向こうに行ってしまいました。

ぺえ助はがっかりして家に戻りました。
お母さんは縫物をしていました。
「こがねむしはかねもちなの?こがねむしは子供に水あめを買ってあげるの?水飴をなめさせないとこがね虫じゃないの?」
ぺえ助がお母さんに尋ねました。
お母さんは縫物をしている手を止めて言いました。
「バカなことを言ってるんじゃないよ。いったい誰がそんなことを言ったのかい?自分に都合のいいことを言っただけさ。」
ぺえ助の目をじっと見つめています。
「お前はお前なんだ。何をしても何をしなくても。どんな風であっても。お前はこがね虫さ。」
「そうだよね。おいらはどんなことがあってもこがね虫だよね。」
ぺえ助はやっと安心しました。

安心すると、急に水飴が食べたくなってきました。
ぺえ助はいっしょうけんめいにおこずかいを貯めた貯金箱から5円を取り出しました。
「ちょっと行って来る」と言ってぺえ助は、家を飛び出しました。
横町のあめ屋までブーンと飛んでいきました。
そして店の前に下りると、木の戸をガラガラと開けました。
店の奥には銀色の眼鏡をかけたおばあさんが店番をして座っています。
棚の上にはいくつものガラスの瓶がのっかってあります。
渦の巻いたペロペロキャンディー、紙で包んだキャンディー、綺麗な色の丸い飴玉・・・
水飴の入った瓶もありました。
ぺえ助はごくんと唾をのみこみました。
「こんにちは。水あめ1つくださいな。」
「水あめひとつだと10円だよ。」
お店のお婆さんは右手をだしました。
ぺえ助はお婆さんの手のひらの上に5円をのせました。
お婆さんがじーっとぺえ助の顔を見ています。
だんだんおばあさんの顔がしわくちゃになってきました。
「5円じゃ足りないね。10円と言っただろう?お前さんはこがね虫じゃないのかい?
そんな金ぴかの服を着てお金をいっぱい持ってるんじゃないのかい?」
おばあさんはぎょろっとした目でぺえ助を見ました。
ぺえ助はへびに睨まれたカエルのように、身体がすくんでしまいました。

あめやのお婆さんはおかまいなしに言いました。
「お金が無いなら、売ってやらんよ。さっさと家にお帰り!」
またぺえ助をぎょろっとにらみつけました。
そして、ふとぺえ助の着ている金色の服に目がとまりました。
お婆さんは少し考えて急に優しい声になりました。
「僕、水飴、そんなに欲しいかい?可愛いから、特別に5円におまけしてあげよう」

お婆さんはにたーっと笑いました。奥歯の金歯がきらっと光りました。
そして割り箸に水あめをくるくると回してからめてぺえ助の手に握らせました。
ぺえ助は水あめをぺろっと舐めてみました。
その美味しい事といったらありません!
ほっぺたが落ちてしまいそうでした。
「美味しいじゃろう!もっと欲しいじゃろう?」
お婆さんは言いました。
ぺえ助は「うん」とうなずきました。
おばあさんは、またにたーと笑いました。
「今、お前さんが着ているその金ぴかの洋服と交換してやろうか?」
ぺえ助はどうしようかと考えてしまいました。
たった一枚しかない服です。
ですが、あのほっぺたが落ちそうになるほどの美味しさをどして忘れられましょう。
とうとうぺえ助は着ている金ぴかの洋服を脱いで、水あめと交換してしまいました。

お婆さんはぺえ助に3本の水あめを渡しました。
そしてぺえ助から金ぴかの洋服を受け取るとさっそく着てみました。
またにたーっと笑いました。金歯がきらっと光りました。
ぺえ助は水あめを舐めているうちに、歌を歌っていた子供の事を思いだしました。
アメ屋を出てさっきの男の子と女の子を探しました。
原っぱで遊んでいるのを見つけると、2人に水あめをさしだしました。
「はい。水あめだよ。さあ、舐めなよ」
子供はきょとんとしています。
「いきなり、何だい?」
「あなたは誰ーれ?」
「こがね虫だよ!さっき、話したこがね虫だよ。さっき歌っていただろう?」
ぺえ助は威張って言いました。
「こがね虫だから、水あめをなめさせてあげるんだ。」
子供たちはまだ首をかしげています。
「お前さんは本当にさっきのこがね虫?」
「こがね色していないわよ!」
お婆さんに水あめと着ていた金色の洋服を交換してしまったぺえ助。
なのでもうぺえ助は金色の洋服を着ていません。
子供の前にいたのは、茶色くて、どこにでもいるただの小さな丸い虫でした。
(おわり)

白鳥鈴奈作
・・・・・・・・・・・・・・・
説明する必要はないのですが・・・
人がなんと言おうと、自分は自分でしかない。
人の言うことに合わせようとして、人に振り回されると、
いつしか自分が自分でなくなってしまうというのがテーマです。
posted by 白鳥鈴奈 | 童話